名言.心に響く言葉 - 名言・心に響く言葉(ピックアップ) - 名言・心に響く言葉(人物別) - 気になる人物

た行 心に響く名言-偉人の略歴と代表作品


 

大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

[徳川家康]

(1542〜1616)戦国・安土桃山時代の武将,江戸幕府の創設者・初代将軍。

NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 徳川家康 3枚組

 

ただ はつらつとした活動によってのみ、不愉快なことは克服される。

[ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe ヨハン=ウォルフガング=フォン―1749-1832]

ドイツの詩人、小説家、劇作家。フランクフルトに生まれ、ライプチヒ、ストラスブールなどの大学に学んだのち
シュトルム‐ウント‐ドラングの芸術運動に参加。

「若きウェルテルの悩み」で一躍名声を博し、詩、小説、戯曲などに数々の名作を生んだ。
政治家としても活躍。かたわら自然科学も研究。

代表作は「西東詩集」「詩と真実」「ヘルマンとドロテア」「ウィルヘルム=マイスター」「ファウスト」など。

 

たとえあなたが何をしていようとも、それをしている自分を愛せ。

[タデウス・ゴラス]

なまけ者のさとり方

 

誰もが至る所で、いつでも自分の最善を尽くしている。例外は無い。

MSI

 

誰のためであれ、人生の重荷を軽くしてあげる人であれば、その人は無用の人ではない。

[チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens, 1812年2月7日 - 1870年6月9日)]

イギリスの小説家。

日本では『クリスマス・キャロル』などの作品で有名。しっかりとした物語構成と、
典型的なキャラクターをたくみに駆使し、人気作家となった。

 

誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。

[宮沢賢治]

1896-08-27 〜1933-09-21
岩手県花巻に生まれる。盛岡高等農林農学科に在学中に日蓮宗を信仰するようになる。
稗貫農学校の教諭をしながら、詩や童話を書いた。

『春と修羅』は生前刊行された唯一の詩集。農民の暮らしを知るようになって、農学校を退職し、
自らも開墾生活をしつつ羅須地人協会を設立し、稲作指導をしたり、農民芸術の必要を説いた。

春と修羅

 


誰も称賛してくれる者がいなくても自分のことは自身で称えよ。

[リチャード.F.バートン(Richard Francis Burton)(1821.3.19〜1890.10.20)]

イギリスに生まれ、ヨーロッパ各国と放浪して育ち、大学中退後、自ら志願してインドに渡る。

その後、アラブ、アフリカ、南米と世界中で生活。生存中は19世紀を代表する冒険家の一人と

見なされながら、その奔放さから当時の政府や、上流階級とは相容れず、辺境地の領事として

晩年を過ごした人物。死後は「千夜一夜物語」の翻訳に代表される、東洋文学の大研究家として

知られている。36カ国語を駆使し、著作に記された注釈から伺えるよに驚異的な頭脳と情報量、

そして生命力(つーか、パワー)の持ち主。

 

バートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜 ちくま文庫

 

小さなことばかり考えていると、人柄も小さくなってしまう。

[井植歳男(起業家)]

三洋電機創業者

中傷は奇妙な掟をもつ悪徳である。それを殺そうとすれば生きるが、放っておけば自然死する。

[アレクサンダー・ペイン]

映画監督

サイドウェイ

 

できない、才能がない、もう限界だ、私には難しすぎる、そう信じないようにすれば、
自分にとって一番大切なことを実現できる時期は早まる。

[リチャード・ブロディ]

元マイクロソフト社プログラマ

ミーム―心を操るウイルス

 

天上天下 唯我独尊(てんじょうてんが ゆいがどくそん) (みんな違って みんないい)

[釈迦と言われている]

釈迦とは、サンスクリット(梵)語のシャーキムニの音訳で、釈迦牟尼(釈迦族の聖者)の略である。
仏陀、または釈尊ともいう。名は、ゴータマ・シッダールタといい、
前463年頃、釈迦族の王シュッドーダナ(浄飯王)とその妃マーヤー(摩耶夫人)の間に王子としてカピラ城(カピラヴァストゥ)近くの

ルンビニー園に生まれ、前383年に死去したとされている*1。16歳で結婚して妃ヤショーダラーとの間に一子ラーフラをもうけたが、
人生苦に直面して29歳で一切を捨て出家した。釈迦は断食を含む苦行の生活をへて苦行の無意義なることを知り、
村娘スジャータの捧げる乳粥で体力を回復した後ブダガヤのアシュヴァッタ樹(インド菩提樹)の元で瞑想に耽り、

35歳でついに悟りを開いた。鹿野苑で最初の説法を行ったあと、インド各地を遍歴して多数の苦しむ老若男女に法を説き、
弟子をつくり民衆を教化した。マガダ国の竹林精舎とコーサラ国の祇園精舎は原始仏教教団の二大拠点である。

80歳のときクシナガラ郊外で2本の沙羅双樹の間に横たわって入滅(ニルヴァーナ)した。
遺骸は火葬され、信者に遺骨(仏舎利)が分けられ、塔(ストゥーパ)に納められ、手厚く葬られた。

彼の死後、弟子達によって彼の残した言葉が編纂され、今に伝わっている。

釈迦
瀬戸内 寂聴 (著)

 

時は誤りを摩滅させ、真実をみがきたてる。

[ガストン・ド・レヴィス]

箴言と教訓

 

どんな音楽にも感動しない奴は、 最も侵略と略奪に適したものである。

[立川談志]

1936年1月2日東京小石川生まれ。本名・松岡克由。噺家

16歳で柳家小さんに入門、小よしと名づけられる。

18歳で二つ目に昇進し、小ゑんと名乗る。

22歳で真打になり、7代目立川談志を襲名する。

1971年には参議院議員に当選。

1983年真打制度を巡って落語協会と対立し、落語協会を脱退。

立川流落語会を創設、家元となる。

立川談志ホ−ムページ 地球も最後ナムアミダブツ

立川談志 STREAM CONTENTS

談志中毒病棟

 

どんな人でも生きているかぎり存在の必要がある。

[(Ralph Waldo Emerson ラルフ=ウォルドー=エマーソン)1803-1882]

アメリカの思想家、詩人。
ピューリタニズムとドイツ理想主義の流れをくみ、超絶主義を唱えた。
代表作「自然論」「エッセイ集」「偉人論」など。

 

 

 

▲このページの先頭へ戻る